デフォルトの地図ではたどり着けない可能性

観光スポットのガイドマップの地図の正確性に関しては、多くの人が疑問を呈しているといいます。実際にある大学では学生たちが実際に店舗へ到達できるのかを確認する研究を行い、卒論として提出していました。その結果、約5分の1程度迷わず行けただけで、ほとんどの店は迷ったとされています。特に6分の1の店へは行けなかったと発表されていました。
複数の学生が同様の調査を行い、結果を出している以上、現在観光スポットで提供されているガイドマップの正確さや、信ぴょう性は一校の余地があると考えられます。ガイドマップのほとんどはデフォルメ化されていることが多く、実際に活用すると迷うことが多いのは事実といえるでしょう。あえてデフォルメで掲載して近隣の店の店員に聞きながら歩くことで、地域の人との交流を図ってもらおうと考えているのか、正確な情報をスマホに任せているのかは各観光団体に聞かなければわかりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。